2024-02-26 ヤマザキパン地獄のアルバイト12日目(4連勤の1日目)

2024-02-26 ヤマザキパン地獄のアルバイト12日目(4連勤の1日目)


今日は食欲が全くなかった

朝食堂に行ったら、無料の試食パンで初めて食パンがあった

全く食欲がなくて、味の濃ゆいパンは全く食べたくなかったので、食パンをそのまま二枚食べた

パサパサになった家の口の中をウーロン茶で潤しながらウーロン茶で飲み込むようにしてなんとか食べた

朝食は300キロカロリーだった

 

 

一昨日、千葉のヤマザキパン工場で死亡事故があったらしい

「菓子パン」「すごいスピード」と書いてるから、間違いなくペストリーだろう

記事の引用は一番下に載せておく

 


そのせいかは知らないが、アルバイトの人数がいつもの半分以下の人数だった

いつもは30人いるのだが今日は今までで最小の12人ほどだった

朝礼で事故のことを何か言われるかなと思ったが、事故の話は皆無で、いつも通り
「色々気を付けるように」
と口頭で注意するだけだった

山崎パン工場は食品衛生対策はかなりのものだと思うが、労働安全的な対策はかなり下の方だと思う

安全対策放送みたいなのがたまに流れているが、それでも「注意しましょう」と言うだけだ

朝礼でも「注意しましょう」というだけだし

事故を起こさないための工夫が全く無くて、
「気をつけよう」
という根性論のみに頼った対処しかない

死亡事故は起こるべくして起こったのだと僕は思った

 

 


今日の僕の仕事は生ケーキでの「スポンジ出し」だった

スポンジ生地をレーンに流すやつだ

いつも通り慣れた仕事だ

ただ、また隣にパワハラおばはんのMがいた

今日のパワハラはさすがに何度もぶちきれになった

「生地を前のやつに押し付けるな」
と言ったり、
「生地を押し付けろ」
と言って、指示の内容が真逆で矛盾してて分からないのだ

さすがにそれが3回続いて呼びつけられたので僕は
「押し付けるべきですか?押し付けないべきですか?」
とキレ気味に言ったら
そのMは
「は?」
と一瞬って、一瞬置いて続いて
「押し付けてください。楕円形になるほどには押さないでください」
と言ってきた

僕は
「分かりました」
と言って作業に戻った

その後は作業ではパワハラの文句を言われなかった

作業が終わって僕はMに
「Mさん、終わりました。ご迷惑おかけしてすみませんでした」
と言った
相変わらず返事はされずに無視だったが、
僕は
「謝るのはタダだから」
と思いながら
恩師が言っていた
「労働とはプライドを切り売りすること」
という言葉を思い出していた

お昼ごはんもまた食欲わからたのでいつもより食べる量が少なくなってしまった

肉まん一個とあんまん二個の合計600キロカロリー

なんかもう油っこいパンとか固いパンとか味の濃ゆいパンとかもう食べたくない

疲れてるのかな

わっぱ食堂の美味しい和食を食べたい

なんか辛い経験と合わさってヤマザキのパン嫌になってきてる感じだ

てか、ずっとランチパックピーナッツを食べたいんだけど全然置いてない

何か変なパンばっかり置いてある

今日は1日ずっとスポンジ流しだったんだけど
また、空耳用語が出てきたよ

パワハラ2号のEが
「これ75362かさねてきて」
と言ってきた
訳が分からずにボクが
「すみません、もう一回いいですか?」
と言ったらキレ気味に
「これを!七五、三百六十二重ねて!」
って言ってきた。

パワハラEさんはそうキレ気味に言い放って僕の返事も聞かずに立ち去ってしまった

訳もわからずに行ってみて探してみてやっと分かった

紙にこうかいてあっつ
「半製品:7号360g」

こんなの口で言っても分かるわけないよ
僕は全く悪くないよな

まるで僕が悪いみたいな言い方で
パワハラ的に威圧的にキレながら言ってきたけど、
悪いのは絶対にそのパワハラEだと思う

なんでパワハラBBAのMといい、Eといい、
あんなに偉そうに威張ってるんだろう

僕はEにたいしてさすがにムカついていたのだが、
「あんな性格と体型じゃ嫁の貰い手はないだろう。気の毒に。」
と考えたらフッと心が軽くなってパワハラEを許せた

「あんなのが子供なんて作ったら間違いなく毒親になって虐待してろくな子供にならない」
と同情的に考えて認知(認知療法)することで心の平穏を保った

パワハラババアのMといい、パワハラデブスEといい、指示が下手すぎる

そして感じたのだが、
「無能で指示が下手な人ほど、文句ばかり言って褒めることは一切せず返事も感謝も一切言わない」

褒められれば正の強化になってより上手く積極的に動けるようになる

ありがとう(ございます)と言われれば、さらに上手く積極的に動こうという気になる

パワハラするのはババアMとデブスEの2人だけで、同じ部署の他のほとんどの人も他の部署の人たちもみんな親切で礼儀正しく良い人ばかりだった

たった2人の変な人が、その他何百人の人達の評判まで落としてしまっている

僕の大学にもパワハラで有名なおばさんが居た

僕も経験したが全く同じ感じだった

オバサンとデブスはパワハラせずにはいられない習性でもあるんじゃないかとさえ思えてくる

そういえばパワハラババアMが掃除の時間にも文句を言ってきた

Mが
「ここモップで拭いて」
と言ってきたので言われた通りそこを拭いてたら
「なんでわざわざ私がいるところ拭くの!向こうから拭けばいいでしょ!」
と僕に文句言ってきた

さすがにその時は僕もブチ切れそうになって口に出しかけた

ブチ切れそうと言ったが、いわゆる烈火のような怒りではなく、
血の気が引くような感覚の静かで激しい怒りだった

こう言い返しかけた
「おい、お前がここを拭けといったからここを拭いてんだろ。俺のことおちょくってんのか?喧嘩売ってんのか?」
という感じのことを言いかけてキレかけた

しかし我慢したよ

恩師の先生の言葉が頭に浮かんで言い留まった
「労働とはプライドを売って働くものだ」
と。

そう思ったが、
「別にこいつから金もらってる訳じゃないから言っていいんじゃね?」
とも思ったが、
「これもプライドを切り売りして働く訓練だ」
と思って頑張ってこらえた

金のためにバイトに来てるのならばブチ切れて行かなくなってもいいのだが、
僕は心の修行のために来ているので、
「これも心の修行」
と思ってこらえたよ

本当に僕は全く悪くないよね…

「指示をするのも人を使うのも下手すぎる無能のパワハラ」に使われるというのは本当に精神的にとても辛い

でもまぁ、「辛い経験をするためにここに来ている」という感じなので、これも心の修行だと思うことにした

そう考えたら心が軽くなって楽になった(認知療法

16時に遅めのトイレ休憩になった

さすがに一日900kcalの食事で一日肉体労働はかなりきつくて空腹で力が入らなくなってかなり辛かった

なので16時のトイレ休憩の時に食堂に行って食べやすそうなパンを300キロカロリーほど摂取した

これで1日の食事の摂取カロリーは合計1200キロカロリー

300キロカロリーを摂取したおかげで、力が戻って最後の2時間なんとか動くことができた

その他はいつも通りの感じだった

それにしても、一日過酷な肉体労働で体はクタクタでヘロヘロなのだが、作業自体は全く頭を使わないので脳は全く疲れていない

脳はまるで朝起きたてのように明瞭だ

 

最後に今日置いてあった無料の試食パンを書いておく

ランチパック てりやきマヨチキン
       4種のスパイスカレー
       メロンジャムミルク
       ラフランスミルク
       オムそば風
       ツナマヨ
       ソース焼きそば
       白桃ジャムミルク
食物繊維食パン超芳醇
マヨもっちやきそば
るっくらツナマヨネーズパン
薄皮 たまごぱん
   ナポリタン
   よもぎつぶあんぱん
ハムコーンのピザパン
ミニクリームパン
ミニチョコパン
ローソン 糖質オフのしっとりパン ハムとチーズ(2個入り)
生フランスパン 明太子
手巻きソーセージドーナツ
セブン クリームパン(4個入り)
    イチゴジャムパン(4個入り)
    ソーセージパン(4個入り)

 

 

 


https://mainichi.jp/articles/20240224/k00/00m/040/158000c
ベルトコンベヤーに挟まれ作業員死亡 山崎製パン千葉工場
2024/2/24 20:02(最終更新 2/24 20:37)
 24日午前10時20分ごろ、千葉市美浜区新港の山崎製パン千葉工場から「女性がベルトコンベヤーに挟まれて意識がない」と119番があった。同市若葉区桜木2のアルバイトの女性(61)が病院に運ばれたが、搬送先で死亡が確認された。
 千葉県警千葉西署によると、女性は菓子類を作る工程で複数で作業していたという。同署はなんらかの原因でベルトコンベヤーに巻き込まれたとみて調べている。

https://www.chibanippo.co.jp/news/national/1167892
「いつか起こると…」「社会に殺された」 山崎製パン工場で60代女性事故死、ネット上で悲痛な声 【急上昇ニュースのウラ】
2024年2月26日 19:08
アルバイト女性の死亡事故が発生した山崎製パン千葉工場=26日、千葉市美浜区
 山崎製パン千葉工場(千葉市美浜区)で、アルバイトの女性(61)が菓子類の製造中にベルトコンベヤーなどに巻き込まれ死亡したとの事故を受けて、インターネット上でさまざまな声が相次いでいます。同工場で勤務経験があるとみられる人からは「いつか起こると思っていた」「ベルトコンベヤーのスピードが速くて追いつかない」と嘆く声も。一方で亡くなったのが61歳のアルバイト女性であることから、「議員ばかり裏金で潤っているのに、60代を超えても働かなければならないとは…」などと定年を迎えても働かざるを得ない社会に対する疑問の声も上がりました。(デジタル編集部)
「すごいスピードだった」
 「女性がコンベヤーに胸部を挟まれて、意識がない」。24日午前10時20分ごろ、同工場の工場関係者が119番通報。千葉西署によると、菓子類の製造中に千葉市若葉区のアルバイト女性(61)がベルトコンベヤーなどに巻き込まれ、搬送先の病院で死亡が確認されました。事故は通報の10分前に発生し、女性は異変に気付いた周囲の作業員らに救助されたとみられます。
 痛ましい事故を受け、ネット上では嘆く声が続出。過去に同工場で実際に働いていたとみられる人からは「商品が流れないよう必死に追いかけた」「すごいスピードだった。停止ボタンもあったけれど、押したら皆から白い目で見られた」と、製造ラインの速さや安全管理の問題を指摘する意見も。「ずっと立ちっぱなしで、精神的にも肉体的にも1番つらかった。二度とやりたくない」と、作業内容の過酷さを強調する声も多く寄せられています。
 さらに被害者が60代の年配者だったことから「自分はつらすぎて4回ぐらいでやめた。61歳の女性がここで働くのは相当キツいと思う」「肉体的に老化は避けられない。反射神経も衰え、とっさの事象にも対応できないことがあるはず。事故リスクは若い人より格段に大きい」「会社には年齢にあった作業方法や配慮を考えて仕事を遂行しなければ、こういう事故は何度も繰り返してしまう」との意見もありました。
「定年過ぎても働かなくてはならない」
 一方で、今回のように定年を過ぎても働かなくてはならない社会に対する憤りの声もみられました。「一昔前なら55歳で悠々自適。ベルトコンベヤーなんて楽な作業じゃない。高齢者に働く環境はいらないから、働かなくて良い年金を下さい」「この人はコンベヤーに挟まれて亡くなったのではなく、『ひと』よりも『金』を重んじる会社、社会に殺された」「議員ばかり裏金で潤っているようだが、60代や70代がいつまでも現役で働かなければならない様な年金受給額であることに問題があるのではないか」との疑問も散見されました。
 同社千葉工場の担当者は取材に、「事故の詳しい原因や状況は現在調査中」とコメント。26日午後6時現在、同社の公式ホームページ上では事故発生についての言及はありません。
 誰もが知る企業で起きた今回の事故。「亡くなった本人もまさかそんな危険な仕事だと思わずに応募したのではないか。本人や遺族の気持ちを思うとやりきれない」と、ショックを隠しきれない人のコメントも相次いでいます。「効率より安全の優先を」。尊い命の犠牲を受けて原因の究明や社会全体の改善が求められています。

https://biz-journal.jp/2024/02/post_376155.html
山崎製パン工場でコンベヤーに挟まれ死亡事故…危険かつ過酷な食品工場の実態
2024.02.26 15:51 2024.02.26 15:51文=Business Journal編集部
山崎製パン工場でコンベヤーに挟まれ死亡事故…

 山崎製パンの千葉工場(千葉市美浜区新港)で24日、女性アルバイト従業員(61)がベルトコンベヤーに胸部を挟まれ死亡するという事故が起きた。食品工場の労働環境の危険性はどれくらいなのか。また、安全管理を徹底しているはずの大手製パン会社で、なぜこのような重大事故が起きたのか。専門家の見解を交えて追ってみたい。

 製パン業界で圧倒的1位の山崎製パン。「ダブルソフト」「薄皮シリーズ」「ランチパック」「ナイススティック」「ホワイトデニッシュショコラ」「ミニスナックゴールド」など長寿シリーズを多数抱え、年間売上高は1兆円を超える。手掛ける商品は食パン、菓子パン、サンドイッチなどのパン類に加え、菓子類、飲料類など幅広い。このほか、コンビニエンスストアデイリーヤマザキ」やベーカリーショップの運営なども行っている。

 業界を代表する大手だけに、食品の安全・衛生管理には注力している。「食品安全衛生管理本部」を設置し、本社・工場で計約450名の専門スタッフを配置。以下の3つからなり、全工場に部門直轄の組織を設けている(以下、同社公式サイトより引用)。

・食品衛生管理センター
 安全・安心な製品をお客様にお届けするための原材料や製品の細菌検査、理化学検査、保存検査などの各種検査や製品表示の確認、工場内の衛生指導、従業員教育を行っています。

・食品品質管理部
 異物混入防止を中心とした食品安全対策に取り組んでおり、科学的な基準に基づいた製造設備の清掃及び点検・改善の実施と、現場清掃の支援・指導を行っています。

・お客様相談室
 お客様からのお問い合わせへの対応やお寄せいただいたご意見、ご要望を製品開発や製造現場へ届ける役割を担っています。

 また、安全な食品を製造するためにとらなければならない行為のガイドラインであるGMP(適正製造規範)を重視した食品安全管理システムとして「AIBフードセーフティ指導・監査システム」を導入。同社は公式サイト上で

「原材料の受入、移動、保管、輸送、加工や最終製品を配送する工程において、従業員、生産工程や環境が食品安全上の問題を引き起こさないことに、施設は自信を持つ必要があります」

と記述している。

 食品メーカー関係者はいう。

「消費者は100円出せば美味しくて安全なパンを食べられるが、1個100円のパンといえども、メーカーは高額な機械や設備を導入し、加えて『絶対安全』といえるよう安全管理を徹底するためにさまざまな取り組みを行い、専門部署を設置して多くの社員を置いている。このようにメーカーが多額のコストをかけても、安価で販売でき、かつ利益を出せているのは、規模の経済の効果を最大限に利かせているため。24時間稼働の工場も少なくなく、時間単位の生産量を極限まで増やすために生産ラインの流れはかなりの高速となっている」

夜勤は時給1500円
 そんな効率を追求する食品工場の労働条件はどうなっているのか。例えば、ある求人サイトに掲載されていた山崎製パンのアルバイトの求人内容は以下のとおり。

<●お仕事内容
・パン、ケーキ、和洋菓子等の流れ作業
・トッピングをのせる
・商品をパックに詰める
・流れてきた商品に問題が無いかチェックする
●勤務時間
・9:00~18:00(実働8時間)、18:00~5:00(実働10時間)
●給与
【昼勤】時給1150円~
【夜勤】時給1200円~時給1500円 ※夜勤は深夜・残業手当あり>

 前出・食品メーカー関係者はいう。

「給与などの待遇面で山崎製パンの工場作業員のそれは悪くはない。食品工場は大きく2つに分けられ、大手メーカーが自社で運営する工場と、小売り企業などから委託を受けて製造する工場。前者は比較的待遇が良いとされるが、後者のたとえばコンビニチェーンから委託を受けて弁当や総菜を製造する工場などだと、半数以上の作業員が外国人であったり、環境が劣悪だったりする。このほか、中小メーカーの関連会社が運営する工場も後者に近くなるケースがみられる」

 山崎製パンの工場アルバイトといえば、以前からSNS上では次のような声もみられ、一部で「キツイ」という評判も流れていた。

<同じ作業をずっとこなすのがきつかった>

<流れてくるショートケーキのいちごをのせる作業が1時間ぐらい続いてつらかった>

<匂いが甘かったり、蒸しあがった湯気の匂いだったりで、気分が悪くなる方もおられます>

<既存のスタッフの高圧的な態度、業務の説明をしないなど仕事以外でストレスが溜まる>

 当サイトは2023年11月9日付記事掲載に伴い山崎製パンに取材を申し込んだが、回答は得られておらず、真偽は定かではない。

「一般的に食品工場での作業アルバイトは『人を選ぶ仕事』。基本的に工場内は私語厳禁で、ラインの稼働中はずっと立ちっぱなし。いったん製造ラインに配置されると同じ場所から動けなくなるだけではなく、仕事も単純作業の繰り返しなので、すぐに飽きてしまい、達成感を抱きにくい。また長時間下を向いて作業することになるので、首や肩が痛みやすくなるんです。

 そして、製造ラインはスピードが速く、流れてきた商品をとにかく迅速にさばかないといけません。何せ相手は機械ですので、人のペースに合わせることなく続々と商品が運ばれてきます。単純作業ではあるものの、慣れるまでには大変ですので、気を抜いていると見落としが出てしまいます。普通のラインでも苦労すると聞きますが、人気商品のラインだとさらにスピードを求められるそうです」(人事コンサルタントで「働き方改革総合研究所」代表取締役の新田龍氏/23年11月9日付当サイト記事より)

年間の重篤事故は3000件以上
 農林水産省の調査によれば、2019年の1年間に食料品製造業の「新たな製品の製造加工を行う事業所」「工場、作業所」で発生した作業事故は7969件、そのうち死亡事故は16件、重篤事故は3672件。食品工場での事故頻度は低くはない。

「大きなカッターなどの刃物や高温の設備・器具、ベルトコンベヤーなどがあちこちで稼働する食品工場はかなり危険な環境といえる。事故発生を防ぐためにさまざまな対策が施されてはいるものの、コンベヤーや機器の緊急停止ボタンがどこにあるのかを全作業員が認識しているわけではない。製造ラインの流れるスピードはかなり速く、作業員は一瞬も気を抜けない一方、単純作業が延々と続くので集中力が途切れてしまいがち。加えて作業員のスキル習熟度はバラバラなので、結果として一定の確率で事故が起こるのは不可避だ。安全管理を徹底しているはずの大手の山崎製パンですら今回のような事故が起きるという事実が、食品工場の危険さを表している」(前出・食品メーカー関係者)

(文=Business Journal編集部)

2024-02-23ヤマザキパン地獄のアルバイト(休日)

2024-02-23ヤマザキパン地獄のアルバイト(休日)




高校生の時にこういう死ぬほどきついアルバイトをやってれば良かった

 

僕の高校は自称進学校(笑)のなんちゃって進学校で、アルバイト禁止だったのだ

 

勉強の妨げになるとか言う、今考えれば意味不明な理由で…

 

しかし、今思うのは進学校ほどヤマザキパンのような過酷できついアルバイトをぜひやるべきだということだ

 

少し前に工場で会った高校1年の彼も言っていたのだが、こんなことを言っていた

「ここのバイトは学校の勉強よりはるかにきつくて辛い。ここに来て学校の勉強がどれだけ楽なのか実感した」

と言っていた

 

僕も彼が言っていた事と全く同じことを考えていた

 

言い方は悪く誤解されるかもしれないがそのような意図は全く無く、それをやって社会を支えている人も沢山いるのは分かっているが、

僕は

「勉強しなかったらこういうきつい肉体労働の仕事を一生することになる」

と強く実感した。

そして、こうも思った。

「勉強してこなかった人も勉強が苦手な人にも、こういった仕事があるから選ばなければ仕事はあるし生きてはいける」

まさに適材適所だと思った。

 

得意な人は得意なことをやればいいし、苦手な人はできることをやればいい。

 

勉強はキツかったが、ヤマザキパンで死ぬほど過酷でキツイ仕事をやってみて

「勉強の方がずっと楽だ」

と骨身に染みた。

 

僕も知識では知っていたが、知識として知っていることと実際に体験して実感するのとでは全く違った。

 

高校生や中学生の時に「こんな苦しくてきつい仕事」を経験してたら、勉強にずっと身が入った違いない。

 

アメリカではエリートの家の家庭でも子供の頃から様々なアルバイトを経験すると聞いたことがあるが、とても効果が出ている方法に違いない。

 

小学校や中学の頃から、「働くとはこういう事だ」と、社会勉強として実際にアルバイトをして体を動かして働くべきだと思った。





2024-02-22 ヤマザキパン地獄のアルバイト11日目(2連勤の2日目)

2024-02-22 ヤマザキパン地獄のアルバイト11日目(2連勤の2日目)

 

今日はとても面白い人と出会った

 

 

天台宗では過酷な苦痛を伴う苦行荒行の先に心の平穏があると説いている

僕はこの辛くて過酷な地獄のアルバイトの先に果たして心の平穏を得ることができるのだろうか

この地獄の苦行荒行の先で何を得ることができるのだろうか

この地獄の中で僕を支えている言葉がある
「この地獄を耐え抜くことができたならどんな仕事もバイトも怖くない。社会でひとりで生きていくことも怖くない」
そんなことを心の中で思いながらそれを心の支えにこの過酷な苦行を耐え続けている。

 

昨日は「慣れて少し楽になった」と書いたが、やはり依然として死ぬほどきついことは変わらない。

特に昨日のアルミの皿を取る作業はとてもきつかった

速度があまりにも速すぎた

完全に1秒に一個のペースで4時間ぐらい永遠と続けさせられる

しかも簡単すぎてつまらなすぎてすぐに飽きてしまってまるで拷問だった

アルミの蓋に手の体温を奪われて、手は凍えて動かないし

女性用の低い台のレーンなので僕の身長に合ってなくてすごく腰が痛くなったし

今思い出したけど僧帽筋(肩)がガチガチになってしまって死ぬほど痛かった

少しでも凝りをほぐそうと動かしたら、何度も筋肉がつってしまって本当に拷問だった

 

 


バイトのシフトはこんなふうになった
3/1は病院の予約が入ってたので休みにするしか無かった

日 月 火 水 木 金 土
      ㉑ ㉒ 23 24
25 ㉖ ㉗ ㉘ ㉙  1 ②

 

シフト変更の紙はアルバイトルームにおいてあって、こんな小さい紙だった


今日はなんと初めて菓子パン課に配属された

菓子パン課に行ったら第一と第二に分けられているらしく、僕は第一らしい

待ってる時に隣りのおじさんに話しかけて聞いてみた

初めに書いた面白い人との出会いというのはこのおっさんのことではない

このおじさんは3、4年ほど来てるらしい

別に仕事を持ってて時間が空いた時にたまに来てるらしい

本当かは怪しい

菓子パン課は楽な方と言われた、、VEMパンは3階にあると言っていた

どうやら色々な課のパンを作るために生地を運んだ捏ねたり焼いたりしてるみたい?

若くて体格のいい男しか配属されないと言われた

ペストリーはきついけど、VEMパン程ではなくて、ペストリーはなぜかレーンがやたら速いだけらしい

 

 

僕が任された係は「ぐちゃぐちゃに流れてくるコロネパンのパンだけを綺麗に並べて次の係の人が中にチョコを入れやすくする」だけの作業だった

ただ速くて大変な上に前のめりになってやらないといけなかったので腰と背中が地獄だった


次はパンを焼いく時の下の金属のトでかいレーを熱いまま拭きまくる作業だった

アツアツなので軍手を二重にして着けてグローブをつける

低温やけどになるので、隣に常にバケツに氷が入れられていて手を冷やせるようになっていた

扇風機も向けられていて、水も飲むようにとウォーターサーバーが用意されていた

たしかに死ぬほど暑かった

しかも動いてるチェーンのそばに手を置いてひたすら拭かないといけなくて手を滑らせたら即指が飛ぶ危険の中での作業だった

これぞ、まさに3Kって感じだと思った

楽して稼げる仕事なんてあるわけな無い

今の僕のようになんの能力もないなら「キツイ、汚い、危険」の3Kしかないのだと身に染みなかまら作業してた

何度も手が熱を持って熱くなって低温やけどになりかけてたので頻繁に手を氷に入れて冷やしてた

手を冷やしてる間に多少拭けなかったやつがあったけどしかたない

僕はヤマザキパンに忠誠を誓ってるわけでもないし、一生の仕事とする訳でもないし

ヤマザキパンのために身を犠牲にして仕事をするのは嫌だからしかたない

アルバイトだから労災保健とかも無いだろうし(よく知らない)

午後からまた流れてくるパンを並べる作業になったのだが、それが完全に限界を超えてる速度で押し寄せてきた

作業を教えて貰ってパンが流れてくるのを待ってたら突然大きなサイレンが鳴り始めた

まるでダムの放水のサイレンのような…

なんとコッペパンの洪水がレーン一杯になって一気に押し寄せてきた

流れる速度を測ってみたら1秒で3個流れてきてた

それを並べて1列にするのが僕の役割だった

スーパーでコッペパンのマーガリンとアンコとか、コッペパンのマーガリンとジャムのサンドイッチみたいなパンをよく見かけるがそれだった

機械に1列で入れるために僕が並べるのだ

動体視力を鍛えるかのような、なにか特殊な訓練でも受けてるかのような感じで酷く目と腕の筋肉を酷使した

そんなのを何時間もさせられて死にそうだった

ざっと数万のパンを作業させられたことになる

しかも時計が見えない場所だったのがとてもしんどかった

時間が見れない状況下でああいう過酷なことを延々とやらされるのがあんなに辛くて苦しいものだとは知らなかった

時間が分からないというだけで10倍はキツさが増した

その後は流れてくるピザに切ったソーセージを乗せる作業になったのだが、そこで面白い人に会った

 


流れてくるピザに4人で切られたソーセージを乗せる作業だったのだが、
最後に来た人が「暑いですねー」と言いながらやってきた

なんだか慣れた様子だった

名札が紫色だったので聞いてみることにした

「すみません、名札の紫色ってどういう意味なのか分かりますか?」

高校生という意味だったらしい

今高校3年で、高校1年から3年間ヤマザキパンのバイトに通い続けた猛者だったそうだ

僕が
「こんなきついバイトを高校生で3年も?!すごい根性ですね!すっげぇ!!!」
と言ったら色々話してくれた

彼の話の内容ははこんな感じだった。
「休みの日に何もしなかったら何もせずに一日が終わって何にもならない。でもここに来たら1万弱になる。運動だと思えば運動しながら1万貰えるようなもんだって思えばいい。それにこんなきついバイト他にないからここに慣れたらどんなバイトも仕事も怖くない。だからキツけどずっと続けてきた」

この話を聞いて自分よりもずっとすごい人でとても面白い人だと分かった

僕と同じ理由でここに来てる人がいるとは全く思ってなかった

それを高校3年間やり抜くとは…

彼に色々な話を聞いり話したりした

彼は色々なアルバイトを色々とやってきたらしい。
引っ越しのバイトもやったけど、ヤマザキパンよりもずっと楽だったそうだ。
色々なバイトを経験してヤマザキパンがぶっちぎりで一番過酷で一番キツかったそうだ。
倉庫の整理でバーコードで管理する作業はヤマザキパンほどでは無かったけどかなりきつかったそうだ。

ヤマザキパン工場よりきつい仕事は無い」
と言っていた。

僕も同じだと話した
「恩師の先生が『ここよりきついバイトは無いから是非やってみるべき!』と言って僕は来た。6連勤した時は倒れるかと思った」
と話したらギョッとされた

ヤマザキパンのバイトは本当にぶっちぎりで過酷なので短くても2日に1回が限界だそうだ

「6連勤なんてよく倒れませんでしたね」
とビックリされた

それを聞いて
「僕は本当にとんでもない経験をしてしまったんだな」
と我ながら呆れてしまった

彼の話を聞いたら家は宗像だそうで、大学に合格したので4月から一人暮らししながら福岡大学に行くそうだ

僕もすぐ近くに住んでるという話をしてなんだか運命的なものを感じた

後でラインを交換しようという話になった

彼に趣味を聞いたら筋トレが趣味でジムに通っていると言って、僕も同じだと話してさらに話が盛り上がった

運動や体を動かすのが好きでその延長で筋トレとかヤマザキパンの過酷な肉体労働をやってたらしい

僕も同じだと言って、「ダイエットだと思って耐えてる。ここに来てる5日で2キロ減った」とか話して盛り上がった

彼はいくら食べても体重が増えないのが悩みだと言っていた

お母さんの晩御飯を食べたら必ずジムに行ってるそうだ

いくらでも食べたいし食べられるし食べても体重が増えないと言っていた

福大で運動好きでいくらでも食いたいと言ったらあの店しかないよな…

「大和家」しかない

彼は大和家を知らなかったのでどれだけ素晴らしい店か詳しくお教えした

彼にここの近くで美味しい店を知らないか聞いてみたら、ここのラーメン美味しくて一番好きだそうだ

ラーメン焼肉 志んや
https://maps.app.goo.gl/fZTMth8uBGvrxx6K9

彼は接客の仕事が好きらしく福大に行ったら博多で居酒屋のバイトとかやりたいと言っていた

博多まで行きやすいから福大選んだようなものだとも言っていた


彼の言葉で強く印象に残った言葉があった
「なんとかなると気楽に思ってればなんとかなるとんだ。こんなきついバイトだって朝行きたくなくても気がつけばもうこんな時間だ。やまない雨はない」

そんなことを言ってくれた

「さすがこんなに抜群に過酷なバイトを高校生で3年間耐え抜いた人の言葉は違う」
と思った

仮に僕に子供がいたらちょうど同じくらい年下のはずなのに、
「僕よりずっと強くてずっとすごい人だ」
と本当に尊敬した

その時僕はNARUTOのこの有名なシーンを思い出した
「この世界にゃお前より年下で、オレより強いガキもいる」
https://www.google.com/search?sca_esv=d3e75792890ecf3a&sxsrf=ACQVn09rDOQpxsej9wV15Vw5iEqBNhg8fg:1708598562126&q=%E3%81%93%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AB%E3%82%83%E3%81%8A%E5%89%8D%E3%82%88%E3%82%8A%E5%B9%B4%E4%B8%8B%E3%81%A7%E3%80%81%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%82%88%E3%82%8A%E5%BC%B7%E3%81%84%E3%82%AC%E3%82%AD%E3%82%82%E3%81%84%E3%82%8B&tbm=isch&source=lnms&prmd=ivsnbmtz&sa=X&ved=2ahUKEwi7tO_S4b6EAxVlgFYBHeBvDfAQ0pQJegQICxAB&biw=412&bih=722&dpr=2.63


たぶんこの過酷なバイトで1番面白かった出会いに違いないと思った

 

 

話は変わるが、ヤマザキパン工場では衛生面がかなり徹底されていたいんしょうだった。

こんな感じだった

工場に入る前には清潔な制服に着替えて髪の毛はネットに二重にして入れる。
工場の現場に入るまでに3回粘着ローラーで全身の服や帽子に付いたゴミや毛を取りまくる。
何度も何度も手にアルコール消毒をする。
グローブは至る所に置いてある。
不潔な場所を触ったら必ず65%エタノールを付ける。
イチゴやバナナといったフルーツは必ず65%エタノールに浸けて消毒する。
台車を触る時は紙越しに掴む。
作る商品が変わる事に機械やレーンを徹底的に掃除をしてエタノールで全てを拭いたり、機械の器具はエタノールに沈めて消毒する。

ざっとこんな感じだった。

よく
ヤマザキパンが腐らないのは衛生的に清潔だからだ」
と聞くがおそらくそれは本当だと思う。
異常なくらいエタノールでの消毒や、ゴミや毛などの異物混入の対策を徹底している印象だった。

ただ、それ以外のわりとどうでもいい謎ルールなんかけっこうテキトーだった感じだった。

指差し確認!とかいっぱい貼ってあったりするが、誰1人やってる人いなかったり…

エタノールというのは大きな缶に入っていて、
缶には
「サン・エタノールY」
と書かれていた。
成分を見たら
エタノール65%、乳酸ナトリウム」
と書かれていた

食用の高濃度の焼酎みたいなもんだと思う

ただ、いちごとかバナナとかを使っている商品では必ずフルーツをその食用エタノールにどっぷり浸けて消毒していたので、
お酒弱い人や車の運転をする人なんかは食べない方が良いのでは…
とやや不安に思った

実際どうなのだろうか

 

 

 

せっかくなのでその日においてあった無料の試食パンを毎回メモって書くことにした

 

今日の無料の試食パン

 

ランチパック あまおういちごジャムホイップ

       ラ・フランスジャムミルク

       メロンジャムミルク

       ソース焼きそば

       はちみつマーガリ

       オムソバ風

       ツナマヨ

       ツナマヨ2倍特盛

       てりやきチキンマヨ大盛り1.5倍

セブンイレブン しっとりたまごむしぱん

ひとクチもち食感チーズ

ふっくらツナマヨネーズパン

カレーパン(2個入)

生フランスパン

コーンマヨネーズパン

ナイススティック

和風ツナパン

ハムとチーズのピザパン

ダブルカスタードドーナッツ

2024-02-21 山崎パン地獄のアルバイト10日目

2024-02-21 山崎パン地獄のアルバイト10日目

今日の朝はぐっすり眠れたようですっきりと起きることができた

朝ごはんは工場の食堂に行くと初めてアンパンがあったので、それを食べた

食べたものをまとめとく

朝300kcal 高級しろあんぱん
昼800kcal 肉まん2個
      ピザまん1個
      あんまん1個

午前中の作業中にふと随分楽に感じた

6日間の地獄の連休を乗り越えて1日休息をとったら体が超回復したようだ

作業自体もかなり慣れたので、心の余裕を持って作業をすることができた

作業内容をしっかりと熟知しているだけで、こんなにも楽になるもんなんだな

流れてくる製品の受け取りが遅れて、商品が氾濫しそうになっても、時間稼ぎして対処するすべを身につけたので、心の余裕を持って対処することができた

余裕すぎて暇なので積み重ねたばんじゅうに挟む紙の様式を覚えたりしてた

それがいい感じに脳の運動と活性化にもなったようでいい気持ちで作業することができた

こんな紙だ


     
      冷凍製品(完成品)

製品名:

 


立数:

 


製造符号:

 

製造時間:
A
B
C
D

 

        解 凍 中


解凍時間:
A
B
C
D


解凍Lot符号:

 

 

 

こんなのが印刷されてるB5の紙だ

僕が午前中に作業していた時は製造時間のBに赤ペンで丸が付けられていた

製品名の所にはすでに名前が印刷されていた。

その置いてある紙の枚数によって、番重を積み重ねた塔を何個作るかが分かる。
午前中にやった作業では初め13枚が置いてあった。

番重を重ねる数は、高い番重なら11段、低い番重なら25段、イチゴの番重は20段だ。

重ね終えたらその印刷されてる紙を横に挟む。

置いとくとその役割の人が持って行って、空の番重を積み重ねたもの(空番重からばんじゅう)を持ってくる

全ての番重は必ず台車に乗っている

午前中は体も鍛えられて腰まわりの筋肉が強化されてやることも分かっていたので、「こんなに楽だったっけ?」と思うくらい初めて余裕な時間を過ごせた

腰周りの筋肉が強化されたようで、腰痛が激減して腰が痛くならなくなっていた

午後の作業もこんな感じで気楽に作業できるものと思っていた

なんと僕はその慣れ親しんだ役割をクビになってしまった…

 

クビになったと大袈裟に書いてしまったが、別に僕が何かやらかしたわけでもなんでもない

ただ、やたら身長が高くてガタイのいい男の新人が入ってきて、その人が任されるようになってしまっただけだ

やっぱりばんじゅうを運ぶ仕事はガタイのいい男が選ばれているようだ

僕はなに親しんでずっとその仕事を守ってきたので、、なんだか僕のポストとポジションがその人に奪われてしまったかのようななんとも言えない悲しい気持ちになってしまった

別にその人が悪いわけでもなんでもないし、僕が悪かったわけでもないのはわかってるけど
なんとなく自分の仕事が他人に奪われてしまったかのような虚無感を感じでなんとも言えない感傷に浸ってしまった


僕はいつも通り、いちごのヘタ取りをやらされた

いちごのヘタ取りと集まった他の3人の新人になぜこのバイトに来たのか話を聞いてみ

面白い話が聞けた

2人の女性は転職して次の仕事が始まるまでの間の暇つぶし感覚で来たそうだ

住んでる場所からわりと近くて短期でのアルバイトで入りやすかったのでここを選んだそうだ

もう1人の女性がなんか面白かった

北九州から1時間10分もかけてきてるそうだ

なぜそんな遠くからわざわざ来てるのか聞いてみたところ、元々北九州のセブンイレブンの工場でアルバイトしていて、そのアルバイトがすごく楽しかったと言っていた

セブンイレブンの工場で、節分に恵方巻きを大量に作るということで、臨時のアルバイトを大量に雇っていたそうだ

チューブみたいなもので、いくらを絞って出して乗せる係をしてたそうだ

それが自分に合っていたらしくとても楽しかったそうだ

レーンの速度はかなり速くて、清潔さもヤマザキパンよりかなり厳しかったらしい

トイレ休憩はゼロで、どうしても行きたい人だけ許可を貰って行ってたらしい

ただし、お昼休みは1時間あったそうだがお昼休みも時給が出て、まいにち9時間分の時給を貰えたそうだ

お昼ごはんは、セブンイレブンのお弁当が出たと言っていた
ただし、自分で弁当を選ぶことはできなかったそうだ

外国人がすごく多くて色々なところから外国の言葉が聞こえてきてたと言っていた

ずっとそれを続けたかったそうだが、セブンイレブンの工場では、長期でのアルバイトしかなかったそうで、節分の恵方巻きの時だけ臨時でアルバイトを増やしていたそうだ

それが終わって似た感じの仕事はないかと探して、山崎パンに応募してみたと言っていた

山崎パンセブンイレブンの工場も両方とも同じぐらい楽しくてよかったと言っていた

ああいう仕事があってる人もいるんだな

いちごのヘタ取りをしていると作業に呼ばれた

作る製品はお餅のシートの中にホイップとイチゴとスポンジ生地を入れたものだった

作る人達は全員女性ばかりなのに、なぜか僕の場所だけ、男の僕が指名された

変だなと思って言ったのだが、それが分かったのは作業を始めて2時間後だった

作る手順はこんな感じだった

お餅のシートが大量に用意されている
お餅のシートに刷毛で粉をつける
アルミ製の小さなお椀にお餅のシートを広げる
ホイップを絞る
イチゴを乗せる
スポンジ生地をのせる
お餅のシートの端っこをつまんでを包む
受け皿を乗せてひっくり返す
アルミの皿を取って、いくつか重ねて上流に滑らせて投げる
粉砂糖を茶こしでふりかける
下のはみ出てる部分の形を整える
蓋をする
機械がシールとラベルを自動ではる


これらの作業すべてを人で分けて1つの作業に1人が担当する

餅のシートを包むのだけは時間がかかるので3人でやっていた

僕が担当したのは、そのアルミの皿を取る作業だった

どの作業も小学生だってやれるような簡単な作業だ

作業を分割して一つ一つの作業を、小学生だってできるような簡単な作業に分割しているのだ

作業自体はアホみたいに簡単だった

ただ、僕にはあまりにも簡単すぎた

簡単すぎてつまらなくて、すぐに飽きてしまって苦痛でしょうがなかった
それに比べて製品を取って番重に乗せる「取り」の作業は適度に複雑で適度に大変で退屈せずに飽きなくて良かった

 


「取り」で行うことはこんな感じだ

前もってからのばんじゅうと台車を流れてくる商品の数に合わせて用意しておく

ばんじゅうへの食品の入れ方は商品の形によって違ってくるので、考えながら入れる

番重を積み重ねる数をカウントする

11段か25段になったら用意された紙を端っこに挟む

用意していた台車を引っ張り出してその上に重ね始める

僕の場所の直前で重量を測って重量不足のものは弾かれているので、その弾かれた商品をロスの商品として別の番重に入れる

その作業でも飽きてくるので、作業をしながら身体の動きを最も効率的に動かす為のアルゴリズムを考えて身体の動きをそれでやって遊んでみたり、目をつぶって製品が手にあたる感覚で感知して目をつぶったまま商品を番重に詰めてみたり、周りを観察して覚えてみたりして遊んでいた

すぐ側の「材料庫」と書かれている部屋のドアに「開放厳禁」とでかでかと書かれているのだが、9:00からずっと(18:00まで)全開のまま放置され続けていたのを観察したりしていた

 


それに比べてアルミの小さいお椀を取るだけの作業は本当に簡単すぎてつまらなくて飽きて死ぬほど退屈で拷問だった

速度だけはやたら速かった

頭の中で時間を測ったら秒速1個流れてきてた

飽きて本当につまらなくて苦痛だったところ、正面にいた社員が自分の作業をしながら「いちごが透けて見えている」商品を弾いていたのを見たので僕も同じようにやって手伝ってら少しだけ退屈さがマシになった。本当にほんの少しだけだけど

単純すぎて簡単すぎる作業というのはあんなにも苦痛なのだと実感した

退屈しないためには、適度に複雑で適度に難しいのが良い刺激になってちょうどいいんだな

そのアルミの蓋を取るだけの作業を初めて2時間が経過した頃に手に異変が出てきた

手が動かなくなってきた

よく観察したら手が冷えきっていた

今日はそんなに寒いのか?と思ったら違った

アルミのお椀が僕の手から体温を少しずつ奪い続けていたんだ

毎回少しずつ体温を奪って手をほんの少しずつ冷やし続けてて手が寒さで動かなくなっていた

これは確かに冷え性が多い女性は辛いなと思った

僕は手が動かなくて何度も手を握ったりして血流を良くしたりしてみたけどあまり効果はなかった

ひたすら耐えるしか無かった

最後の方は手は冷えきってうまくおわんを取れなくて何度も落とすようになってた

 

 

アルバイトの予定をやや変更することになった

予定では明日からの予定では

日 月 火 水 木 金 土
      ㉑ ㉒ 23 ㉔
㉕ ㉖ ㉗ ㉘ ㉙  1  2
だったのだが、
24, 25に予定が入ってバイトを休むことになってしまったので
こう変更することにした
日 月 火 水 木 金 土
      ㉑ ㉒ 23 24
25 ㉖ ㉗ ㉘ ㉙  ① ②

変更後もラストの6連勤は変わらずにやり遂げるのだ

アルバイトの変更は電話とかいてあったので電話してみたら、
キャンセルだけは電話だけど、複雑なやつは
「アルバイトルームに置いてある予定変更用紙で」
と言われたので、明日やろうと思う

 

ヤマザキパンの工場で大量に支給されて使われている謎のボールペンがわかったよ
こう書いてあった
 Players SE-382
ググッたらヒットした
まさにこれだ
https://item.rakuten.co.jp/office-japan/e-07245912/?variantId=e-07245912&scid=af_sp_etc&sc2id=af_113_0_10001868&iasid=wem_icbs_&ifd=57&icm_acid=255-776-8501&icm_cid=18510136945&icm_agid=
こんな変なボールペンが至る所に置いてあって全員が使ってる
三菱鉛筆製だったらしい
こんなボールペン見たことないよ
黒と赤の2色のオレンジのボールペンだった。
なぜか全部オレンジ色で統一されていた

 

フィリピンの技能実習生の紹介が廊下に貼ってあった

名前は忘れたが
顔写真と名前と配属先が書かれていた

菓子パン第一課 6人
ペストリー   4人
ハードロール  4人
ドーナッツ   6人

だった


食堂に置いてある無料の試食パンの名前をメモってきたので載せておく

配置や役割を記憶したり、置いてある無料パンをメモったり、まるでスパイになったみたいで結構楽しかった

薄皮 たまご
薄皮 よもぎつぶあん
ミニクリームパン
ミニチョコパン
かた揚げリングドーナッツ
高級しろあんぱん
うぐいすあんぱん
しっとりチョコクリームパン
薄皮 ハンバーグケチャップ
ランチパック オムそば風
ランチパック やきそば
ランチパック ツナマヨ
ランチパック テリヤキマヨ
ランチパック あまおういちごホイップ
ランチパック ラ・フランスジャムミルク
ランチパック 白桃ジャムミルク
ランチパック メロンジャムミルク
ランチパック はちみつマーガリ
ランチパック 4種のカレー
薄皮 ナポリタン
ルヴァン たまごロール
セブンイレブン ソーセージパン
オールドファッションドーナッツ
ふっくらツナマヨネーズ
ダブルカスタードドーナッツ
牛乳仕込みのミルクチュロッキー
カレーパン(2個入り)
ナイススティック
ダブルサンドドーナッツ
なが〜いミルクスティック

今日はこんなのが置いてあった
だいたい毎日似たようなものばっかりが置いてある

レンジとトースターが置いてあるのでそれでパンを温めたり焼いたりして食べていい

食パンがあることもあるので、食パン用に自由に使っていいマーガリンも置いてある

 

 

2024-02-20 ヤマザキパン地獄のアルバイト(久しぶりの休日)

2024-02-20 ヤマザキパン地獄のアルバイト(久しぶりの休日)

 


ヤマザキパンでのアルバイトの中で書いてなかったこととか書いてなかったかもしれないと思ったことを思い出すままに書いてみる

 

 

フィリピンの人は10人くらいいたと思う。

ドーナッツとかペストリーとかに配属されてたようだ。

ペストリーはまだ行ったこと無いのでよくわからないが、噂では普通の菓子パンとか惣菜パンとかを作っているみたいだ。

ペストリー課は1,2を争うほどにめちゃくちゃきついらしいのでできれば行きたくない。

きつい理由はレーンの速度がとにかく速いそうだ。

早すぎて追われ続けてとてもきついらしい。

社員の人たしかワッフル焼き担当の人から聞いたと思うが、ペストリー課はみんな行きたがらないって言ってた。

フィリピンの技能実習生の人はペストリーにも配属されていたはずなのに、みんな笑いながら談笑しながら食堂に入ってくる。

すごいなと思いながらよく見てた。

全員無料のパンしか食べてなかった。

たぶん食費を浮かせるためなのかなと思った。

無料のパンでよく食べてるのを見たのは小さいハンバーガーみたいなやつと大袋のドーナッツだった。

たしかドーナツ課にも行っていたはずだがよく食べられるなと思いながら見てた。

僕には絶対に無理だ。

ヤマザキ製のケーキを見たら、あの過酷で死ぬほどきつかった作業を思い出しちゃってフラッシュバックでパニック障害を起こしちゃう。

フィリピンの人たちは最も過酷な部署を笑いながら談笑しながら平気でこなしててすごいなといつも思っている。

 


僕は生ケーキにしか配属されてないけど、生ケーキで働いてる人達を見て気づいたことがあった。

派遣の人の割合がすごく多い。

6−7割は派遣の人だった。

おそらくアルバイトの人たちは入っても過酷すぎて誰も続かなくてすぐに辞めちゃうから派遣でたくさん来てもらうことで現場をなんとか維持しているんだろう。


派遣の人に聞いた噂では派遣会社の取り分は30%らしい。

ヤマザキパンは「そんな莫大な手数料を出してまで派遣に来てもらわないとみんな来なくなってて全く足りない」ということだ。

それによってどれだけ過酷な仕事なのか理解できた。


なぜ派遣かアルバイトが分かったかと言うと帽子の額のところにつけているネームプレートのデザインで分かるようになっているからだ。


白地に緑の枠線。  大きく苗字:短期アルバイト

紫色。       大きく苗字:高校生

紫色の地に緑の枠線。大きく苗字:高校生短期アルバイト。

クリーム色の地。時間。大きく苗字。下にカッコで下の名前の漢字1文字、番号:派遣


     9:00〜18:00

       山田

    (太)No.000000

こんな感じだった

 


他の人とちらっと話して聞いたのだが、ここよりもきついアルバイトでどんなのがあるのか聞いてみた。

全員一致したのが「引っ越し」のアルバイトだった。

運ぶ荷物の重さが数十キロとかで腰にも来るらしい。

あとはイベント会場の設営、倉庫の整理が出た。

 


そういえばアルバイトの面接で渡された注意書きに「白いTシャツ(ボタン付きは不可)」と書かれていてわざわざ2500円も出して買った。

しかし、実際は白いTシャツなんてわざわざ着る必要もないし、着てる人いないし、他のものを着てもどうせ上から工場内用の制服を着ているので分からないので、白いTシャツ(ボタン付き不可)なんて必要皆無だった。

 


ヤマザキ工場ではポケットの中にはメイトカード(ヤマザキ工場内で使えるキャッシュカード。使用金額が給料から引かれる)とロッカーの鍵以外は私物入れてはいけないことになっていた。

アルバイトや派遣はチェックや注意されることがあったが、他の社員の人達は守ってる人なんていなくてみんなスマホを持ち込んでいた。

そして食堂なんかで見ながら食べたりスマホ見ながら歩いたりしてた。


社員っぽい人がよくポケットに入れていたものが印象的だった。

数をカウントするための小型の電卓、ヤマザキで支給されているっぽいオレンジの黒赤青の多色ペン。見たこともなくてあんなペンどこで仕入れるんだろうって不思議だった。

ネットで調べてもあのペンは全くヒットしなかった。

名前とか注意して確認できたら確認したい。

 


ヤマザキパンでの必須の儀式について。


出社時


建物入口

靴を脱いで持ってきたビニール袋にいれる。

靴下のまま建物の中に入って上に上がる。


アルバイトルーム

ネームプレートを見せて配属場所を言ってもらう。「◯◯課の△△」と言われる。

ロッカーの鍵を取る。

ロッカーの番号、名前、体温、日付、チェック項目を記入。

隣においてあるヘアネット、電石帽、帽子を取る。

右端の棚の上の服、下の服、靴を取る。


アルバイトルーム入口

帽子の下にかぶるヘルメットを取る。


更衣室

ロッカーにビニールに入れた靴、私物、服を入れる。

制服に着替える。

ロッカーの鍵を閉める。

鍵とメイトカードをズボンの右にあるポケットに入れてポケットのチャックを閉める。

ヘアネット、電石帽をかぶって電石帽の布を上着の中に入れ込んで上着のチャックを閉める。

ズボンの裾のゴムの部分を絞って余ったゴムの部分は内側に入れ込む。

ネームプレートを帽子の額のところに安全ピンで付ける。

アルバイト5日以内と久しぶりの人は初心者ネームプレート(更衣室の入口においてある)を

帽子の左側に付ける。壁には「帽子の右側に付ける」と書かれているが、

これは嘘で実際の慣習では左側に着けられている。


工場内

入口の鏡でヘアネット、電石帽、帽子を整える。

髪の毛が飛び出ていないか。

電石帽でヘアネットを全て覆っているか。

電石帽の布は上着の中に入れ込んでいるか。

襟を曲げて整えているか。

入口の粘着ローラーで服を全てローラーでコロコロして髪の毛とゴミを取り除く。

粘着ローラーは使ったら剥がして丸めてゴミ箱に捨てる。

手を石けんであらって風が出る機械で手を乾燥させる。

入口の手を消毒する機械に手を入れたらドアが開く。


配属された課の部屋

言われた課の部屋に行く。(僕がいつも生ケーキだったが)

一番奥の部屋の机の上にバインダーとチェックリストの2つが置いてある。

バインダーに記入する

アルバアト番号 名前 出勤 退勤 休憩 男・女

◯◯◯◯◯◯●●●●9:00  :    ㊚・女

チェックリスト(安全注意事項かなんか)

名前を書く。

8:50に朝礼なのでそれまでにその場所に立って待機。座ってる人もいる。


食堂

朝礼までは食堂に行って無料のパンを食べて良い。

パンはあるけど、朝は中華まんはない。中華まんは昼にはある。土日には無いみたい?


売店

開くのは8:30

11:30とか12:00とか


トイレ

ボタンを押す自動ドア。

出る時はアルコール消毒と連動した自動ドアで機械に手をいれるとアルコールが噴射されてドアが開く


配属された課の部屋

朝礼。

ポケットの中にスマホとか煙草を入れてる人はロッカーに戻すように言われる。

床に台車が転がってるので転倒に注意と言われる。

動いてる機械に手を入れるな、入れるときは機械が停止してるのを確認してからやれといわれる。

行く場所がわからない人は「連れて行って」とか言われて連れて行ってもらえる。


配属された場所(僕は生ケーキ)の作業場

入口で粘着ローラーを全身にかける。粘着ローラーは使いおわったら剥がして丸める。

入口に入って剥がした紙をゴミ箱に捨てる。

石鹸で手を洗ってエアーで水気を飛ばす。

両手を機械にいれるとアルコールが出て自動ドアが開く。

自動ドアと連動するようになっていて、手を消毒しないとドアが開かない。

入って手袋を取る。

列に並んで進む。

列の途中で入室点検用紙に名前を書く。

列の先で社員から全身ローラーをかけられて、毛が一本でもついてたら注意される。

同時に電石帽、襟、帽子、ヘルメット、ズボンの裾のゴム絞り、

ポケットを触ってスマホ持ち込みチェックを確認される。

作業場に入ると社員の人から作業場所を指示されるのでその場所に行く。

その場所で待機してたら作業内容が説明される。


お昼休憩を指示される。

ちょうど1時間後の◯◯時〇〇分に戻ってきてと言われる。


食堂

食堂の扉はアルコール消毒と連動した自動ドアで機械に手をいれるとアルコールが噴射されてドアが開く。

無料パン、肉まん、お茶水は無料。

食堂の食事は250〜300円くらい。日替わり定食。日替わりの麺類。カレーは毎日あった。

レンジとトースターがあって使える。

食パン用にマーガリンを自由に使える。


コンビニ(ヤマザキショップ

現金不可。

支払いはメイトカード、d払い、Paypay、楽天ペイのみ。


リフレッシュルーム

椅子がたくさんあって座れる。

正面に大きなテレビが有る。


喫煙所

リフレッシュルームの正面にあった。


15:00くらいにトイレ休憩。

トイレ休憩言ってきてと言われる。

何分なのか具体的には言われない。僕は10分だと思っている。


終わり

洋菓子課のスナック(ケーキ)は17:15に終わる。バイトは早く終わったら15分単位で給料減る。

洋菓子課の生ケーキは18:00に終わるか、たまに残業で19:00まで。残業は希望制で嫌なら「残らない」ということが出来る。

派遣は18:00までなら早く終わることも残業することも出来ない。

バイトは早く終わって給料へったり、残業をやって給料増えたり、残業を拒否することが出来る。

洋菓子課に行って入口のそばの机においてある朝のバインダーに退勤時間を記入する。

こんなかんじで書く


アルバイト番号 名前 出勤 退勤  休憩 男・女

◯◯◯◯◯◯●●●●9:00 18:00  1 ㊚・女


食堂

無料のパンとか食べてよい。

中華まんも食べていいし、お茶水を飲んでも良い。


売店

閉まるのは19:00か17:30。17:30の日は入口に書いてある。


アルバイトルーム(派遣の人だけ)

係の人が「頭に着けたネームプレート」を確認してその日一日の給料を渡してくれる。


更衣室

着替える。


更衣室入口

ヘルメットを置く。

ロッカーの鍵、初心者ネームプレートを置く。

派遣の人だけはネームプレートもそこに置く。


帰りの廊下

上着、ズボンを入れる。

隣にヘアネット、電石帽、帽子を入れる。

靴を底を合わせて靴棚に突っ込む。

靴下のまま下に降りる。

ビニールから靴を出して建物を出る。


建物の出入り口正面

バスを待つ場所で列ができている。

バスは30分おきにしか来ない。

バスがいっぱいになったら次のバスを待つので30分町続けることになる。


書いてて思ったけどルールが複雑ですっごく難しい。

覚えるの大変だった。

最初は全くわからなかった。

 

 

2024-02-19 ヤマザキパン地獄のアルバイト9日目(六連勤の6日目)

2024-02-19 ヤマザキパン地獄のアルバイト9日目(六連勤の6日目)


今日も車での帰りに、音声入力で文字を入力した
読みにくかったらごめんなさい

 


地獄の6連勤が終わった

なんとか根性で乗り越えることができた

疲労困憊の極致で死にそうだ

 

 


今日の朝はなぜかかなり楽に起きられた

右足のふくらはぎがつってすごくこむら返りして死にそうになったが昨日ほどの辛さはなく、普通に起きることが出来た

もう朝はヤマザキの冷たいパンなんか絶対食べたくないし、喉を通らないと思ったので
昨日の夜にお米を仕込んでいた

そのご飯で梅茶漬けを作って食べることにした

タンパク質補給目的できなこ牛乳と梅茶漬けを食べた

手を合わせて祈りの言葉を捧げて丁寧に食べた

ただ、やはり感情や思考が停止してしまっていて味や美味しさを感じにくくなってきた

明らかな思考と感情の停止を自覚した

やばいと思って計算ドリルや英語新聞や国試の臨床の写経訓練をやった

計算ドリルはものすごくスピードが落ちていて、タイムもいつもよりかなり遅くなっていた

明らかに思考速度や脳の状態が低下していることを自覚した

朝の脳のトレーニングで少しだけ動くようになった気がした

アパートの外に出たら凄く雨が降っていた

いつもなら普通に車で行って間に合う時間なのだが、雨ならもしかしたら遅いと思って、Googleマップの到着予想時刻を見てみたら案の定、いつもより25分ほど遅くなっていた

絶対に間に合わない状態だった

さすがに今日はもう無理だから休もうかとも思ったけど都市高速を使うと、50分で着くとなっていたので仕方ないけど630円を使って都市高速を使っていくことにした

僕の給料45分の都市高速代だ

行かなかったら1日の給料7600円が0円になって
都市高速を使って頑張っていったら7600円が7000円になると考えたら行くほうがいいかなと思って頑張っていくことにした

しかし、昨日の残業代がパーになってしまった

あんなに頑張って残業したのに、死ぬ思いをして残業したのに、なんてこと

アパートから山崎パン工場までは片道30キロで毎日の到着時間の割にものすごく大きな差がある

プラスマイナス20分とか平気である

今日は初めての雨だったから、こんなにも到着時間が遅れると思わなくて完全に遅刻確定時間となってしまった

お金出して、都市高速に乗ったのに一般道かと思うほどにものすごい渋滞で時速20キロとかで走ったり、停車したりしていて、こんなんで金とるのかと思った

 

なんか手の甲が痒いと思って触ってみたら、両手の手の甲が乾燥してガサガサになっていた

これ多分アトピー

ストレスが酷いと身体のいろんな皮膚にアトピーの症状がよく出てくる

出身だったり感想だったりが多かったが、今回は両手の甲にアトピーが出てしまったようだ

かなりのストレスがかかっていることが体のいろんな場所にいろんな症状で現れている

応急処置として持ってたり、作りも両手の方に塗りまくったが、痒いままであんまり効果はないようだ


今日の仕事は生ケーキでの商品取り通称「取り」だ

いつものやつだな

慣れたもんだ

初日がこの仕事だった

初日は本当に右も左もわからなくてうろたえてばっかりだったけど
今は心の余裕を持って行うことができた

番重の上げ下げで重い番重を持ったまま1000回は屈伸運動をやったと思う

今日は一日中ずっと同じ仕事だった

今日もとてもきつかった

六連勤っていうのが本当にきつくてきつくて倒れそうなぐらい死にそうだった

正社員でも最長で五連勤なのに
僕は正社員よりも過酷な仕事をやったことになる

今日食べたもののまとめ
朝 400kcal
  梅茶漬け、きなこ牛乳
昼 800kcal
  肉まん2個
  カレーまん1個
  あんまん1個
夜 横浜家系ラーメン春吉屋 900kcal
    豚骨醤油ラーメン 800円
    麺増量 100円

もしかしたら、中華まんは土日がない日なのかもしれない
先週も中華まんがなかった日は土曜日だった気がする

今日は残業なくて本当に良かった

今日あったのは重大インシデントがあったことくらいかな

僕がセブンイレブンカスタードワッフルを「帯をかける機械」に入れる作業をしてた時に
社員の人が「それ入れて」と僕の隣に置いてある商品を言ってきた

なので「はい分かりました」
と言ってそれを機械に流していたら別の社員がやってきて「それ入れないで!」
と言ってきた

僕が「入れるように言われました」
と言ったらさっき僕に指示した社員が
「それ入れんでって言ったと!」
と言ってきた

指示   「それ入れんで」
受け取り手「それ入れて」

分かるわけねぇだろ

アンプル半筒とアンプル三筒
と同じレベルの重大インシデントだろ

ヤマザキパン謎用語シリーズもひとつあった

「帯をかける機械に流す」か、「商品を取って番重に乗せる」かを絶妙なタイミングで切り替えてたのだが
そのその商品を機械に流すのを中断するタイミングで社員が
「饅頭に取っ手」
と意味不明なことを言ってきた

意味は
「機械に流さずに、商品を取ってばんじゅうに乗せて」
だった

訳わかんねぇ言葉ばっかり使いやがる

 

今日気づいたことがあった

ヤマザキパンの工場内には至るところに注意書きが書いてあるのだが誰1人全くそれを守っていないのだ

材料の倉庫や冷蔵庫や冷凍庫の扉には開放厳禁と大きく書いてあるのだが、みんなドア開けっ放しで誰1人守っていなかった

床にも通路用の線として白い線が引かれていたり、黄色い線で物を置く場所を指定していたりされているのだが、誰1人それを守らずにはみ出しまくっていて、もはやそのラインがある意味がない

しっかりと守られているのは、髪の毛やゴミの異物混入防止のために、粘着ローラーを、全身の洋服にコロコロする、入室前の儀式ぐらいなもんだった

 


そんなこんなで、なんとか六連勤を根性で乗り越えることができた

耐え抜くことができて本当に良かった

全部終わって食堂でお茶を飲んで一息ついてたら動けなくなって座ったまま20分ぐったりしてた

車での帰りに本当は何も食べずに帰るつもりだったけど、六連勤をなんとか耐え抜くことができて、今日でちょうど半分を耐え抜くことができた記念に、ずっと帰りに食べたかったラーメンを食べて帰ることにした

工場の近くにたまたま家系ラーメンがあったのでそこに寄ってみた

家系ラーメンってどんなラーメンなのかずっと謎だったけど、今日食べてやっと理解できたよ


f:id:thesiguman:20240219195016j:image
f:id:thesiguman:20240219195022j:image

臭みのない濃厚とんこつ醤油ラーメンで麺は慣性を使った縮れ麺で海苔とほうれん草がのったラーメンの事だ

イメージとしては、福岡の豚骨ラーメンのを臭みがないように作った白濁スープと醤油で味付けして、麺は冠水のちぢれ麺を使ったものという感じ

明らかにグルタミン酸の味がしてお店のラーメンでもやっぱり使ってるんだなと思った

熱いラーメンを食べながら、心と感情を失った機械から人間に戻っていく感じがした

結構な高カロリーをこんな夜に食べて、罪悪感が半端なかった


1回くらい記念にいいだろう

帰りにずっとラーメン食べたかったし

そういえば、体重は76.8キロでここ3日ほど全く同じ

ダイエットでよくある停滞期ってやつだろう

大体こういう時は少し体重そのままで突然一気にガクッと体重が減ったりするんだ

明日だけはゆっくりして心と体を回復させよう

今日は目覚ましをかけずに寝て、明日たっぷりと寝るんだ

そんで自分で作った手羽元のスペシャルカレーを食べるのだ

 

 

 

 

2024-02-18 ヤマザキパン地獄のバイト8日目(6連勤の5日目)

2024-02-18 ヤマザキパン地獄のバイト8日目(6連勤の5日目)

 

今日は朝目覚ましの音で目が覚めて起きようとしたら体が全く動かなかった

体に全く力が入らなくて、体が動かなくて起き上がることはできなかった

なんとか30分かけて起きることができた

起きたら全身が筋肉痛だ

朝何もすることができずにすぐに車で家を出た

でも、体に全く力が入らない

食欲もまったくわかない

今日はもう限界だと思った

食堂に行って、朝ごはんにパンを食べようとしても絶対に喉を通らない

何も食べずに仕事に出たら、間違いなく倒れる

何か食べやすいものを口に入れないといけないと思った

通勤中にすけさんうどんがあることを思い出した

かけうどんなら食べられそうだと思った

資さんうどん原店は24時間営業なので朝でも入ることができた

体に全く力が入らない足取りのまま店の中に入ると座ってすぐにかけうどんとかしわご飯おにぎり一個を注文した

全部で500円ちょうどだった


f:id:thesiguman:20240218203326j:image

注文して待っていたら、店内がエアコンで暖かいことに気づいた

外は車が凍っているくらいに寒かった

店の中のエアコンの暖かさを感じて涙が溢れてき

2分でうどんが来た


f:id:thesiguman:20240218203334j:image

食事の前に久しぶりに手を合わせて五観の偈(ごかんのげ)を唱えた

曹洞宗での食事の祈りの言葉だ

ゴカンノゲはこんなの
https://youtu.be/JwS8aI-vDvI?si=lOsCIKA5gztuNz3Q

みんなが言う「いただきます」はゴカンノゲの1つ目だけを唱えてる感じ

うどんを食べたらとても優しい味でまた、涙が溢れてきた

前食べた時はかけうどんは味がないと思ったけれどその時食べたかけうどんは心と体に染み渡るようなとても優しい味でとても美味しかった

かしわご飯、おにぎりも味付けが濃すぎないで、ちょうど良くて食べやすかった

いつものただパンのような詰め込むだけのような餌のような食べ方ではなく、
曹洞宗の食べ方でゆっくりと味わって食べた

うどんの残ったつゆにおぼろ昆布を入れて昆布のスープにして飲み干した

今までなんとなく食べていたけれど、こんなに繊細でやさしいダシだとは思わなかった


f:id:thesiguman:20240218203341j:image

食べ終わって店の外に出て体に力が戻っているのを感じた

もうダメだと思っていたけど、まだ何とかやれそうだと思った

自衛隊の人が食事のことで話していたのだが
  冷たいメシだと力が出ない
と言っていたのを思い出した

僕が元気をなくしていたのは、もしかしたら食事が冷め切ったパンしか食べていなかったことなのも理由の一つだったのかもしれない

そして、温かい食事っていうのがこれほど体に活力をもたらすものだということを初めて実感した

 


今日の部署はまた同じ生ケーキだったけど、初めての仕事だった

指示をする人が僕に「サラダ氏」と言っていた

また意味不明なヤマザキパン用語が出てきたと思っていた

「皿出し」だった

流れてくる扇形のケーキ二つの奥側にパックのプレートを置く係だった

そんで隣の人がそのケーキを両手で僕が置いた皿に乗せる

今日1日は彼をひたすらずーっと行う作業だった

作業自体はとても簡単で、とても楽だった

今までで一番楽だったかもしれない

ただ簡単過ぎて飽きる

そして、流れてくるレールとケーキを見続けていたら、だんだんめまいがしてきてフラついて何度も倒れそうになった

まるで催眠術か洗脳にでもかけられているような気分だった

流れてくるレールを見続けることで、しっかりが歪んでフラフラでずっと倒れそうになりながら頑張ってやり続けていた

ただ、作業自体はとても簡単で楽だったのが救いだった

他の人にも聞いたのだが、
小言がうるさくて精神的に辛い小言おばさんはMさんでは?
と聞いてみたら、やはりその通りだった

もう1人、パワハラな感じの人がいた
僕よりも体格が立派で体がでかくて筋肉質な感じのEさんだ

他のパート?の人に「何回教えれば分かるん?!」と声をはりあげていた

このふたりが要注意人物だ

グーグルマップのレビューに書いてあった生ケーキの悪評の人はこのふたりで間違いないだろう

他の人達は男性も女性も皆とても親切で優しかった

 

そういえば何度聞いても「空番重(からばんじゅう)」が「カラまんじゅう」にしか聞こえない

しょっちゅう「カラマンジュウからづけてきて」と聞こえてくる

 

今日食べたものをまとめておく

朝 600kcal?
 資さんうどんのかけうどん、かしわおにぎり
昼 500kcal
 スティックパンハムマスタード
 ランチパックツナマヨ1.5倍
夜 250kcal
 セブン四個入りクリームパンを2個
合計 1350kcal


昼ごはんはやっぱりあんまり食べられなかった

何とか食べやすそうなパンを選んで何とか二個だけ食べられた感じだった
昨日も今日も肉まんがまったくなくて辛かった


午後も、まぁ全く同じで皿出しだけの仕事だ

ひたすら皿を出し続けるだけ

ものすごく僧坊筋と肩が痛くて何度もつりかけた

17時45分やっと終わると思っていた頃に係長がアルバイト1人1人に話しかけていた

今まで見たことがないことに嫌な予感がした

僕のところに来て、後から僕にボソボソ語りかけてきた

「今日7時まで続けられる?」

それを聞いて僕は気が遠くなって5秒くらい沈黙した

冗談じゃない!絶対に嫌だよ!

そう思って返事をした

「分かりました」

あ"あ"あ"あ"あ”

つい癖でいつもの感じで返事しちゃった!!!

訂正を告げる前に
「ありがとう」
と言われて立ち去ってしまった

詰んだ…終わった…
と思って視界が歪んだのを覚えている

五連勤の疲労で、空腹と疲労疲労困憊の極致の中でさらにラストに残業…

神はいないと思った

「若い時は苦労は買ってでもせよ」というのは絶対に嘘だ
それは単に若者から労働力を搾取するための謳い文句に違いないと思いながら残業してた
こんなきついだけの苦労なんかしてこれが一体なんの役に立つっていうんだよ…
そんなことを考えながら残業した

ラスト45分の掃除がまた凄くきつかった

残業の時に残った人数を数えてみたら、30人いったのに、残ったのは僕を含めてたった3人だった

こんな安くてきつい仕事を残業する変人(僕のこと)は10人に1人しかいないってことだな
と思った

なんとか19時に帰ってもいいと言ってもらえた

さすがにお昼500キロカロリーで7時間肉体労働はきつすぎた

疲労と空腹で疲労困憊の極致だった

さすがに空腹でヘロヘロでまともに帰れる自信がなかったので、食堂でパンを少しだけ食べた

家に帰ってブログを書く暇がなかったので、今車で運転中に音声入力で文字を入力している

全部音声入力で入力したので、読みにくかったらすみません

今日は本当にきつくてもう無理だと思ったけど、ブログを書かなきゃいけないしと思って、ブログを読んでくださる皆様のおかげでなんとか耐えられていると思っている

明日が六連勤の中のラスト1日だ

その翌日は休みだ

なんとかラスト1日気力を振り絞ってやろうと思う

僕は1度決めたことはやらねばならないと思うタイプだし
やると言ったら必ずやる人間だ

2月は目いっぱいきつい思いを経験しようと決めたので、必ずやり遂げたいと思っている

本当にレンジャー訓練かと思うほど、死ぬほどきつくて死ぬほど過酷だけど
本当にこんなきついのは生涯でもう二度とやることはないと思うので、とことん苦しんでみようと思う

千日回峰行で有名な天台宗の思想はたぶん「ひたすら苦痛や苦しい経験を乗り越えたら心の平穏が得られる」というとのだろう

ほんとに心の平穏得られるのか?

こんなきついことをやってこれがなんの役に立つんだ?
今はまだ全く分からないけど、どうせ2月だけだからやり抜いて試してみることにしよう